読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラとさなぎ

カメラ初心者による、カメラ初心者のための、ブログです!撮影記録やら撮影法やら、あれやこれやをお伝え出来たらなと思います!

【オールドレンズ】ボケが素晴らしい『Pentacon electric 2.8/135 M42』のお話。【作例あり】

M42マウント Pentacon canon eos kiss x7 オールドレンズ ダンボー レンズ・機材 作例 写真 カメラ eBay セカイモン

f:id:sanaginagisa333:20170202112813j:plain

『野良猫+Pentacon electric 2.8/135 M42

前説

 ハロー、最近名前をひらがな表記にしました、さなぎです。漢字にいちいち変換するのが面倒だなぁ、と思ったのが主な理由です。(一発で出てこない)

 ブログタイトルも『カメラとさなぎ』、とひらがな表記にしていますし、特に名前へのこだわりもないですし。

 以上が近況ですね。あ、あと写真を撮りに出掛けられてないです。最近は、住んでいる所をカメラを持って徘徊しているだけですね。

 そのせいか、最近道行く人の視線が痛いです。ビシビシと刺さってきます。こればっかりはしょうがない。

 なので、今回の作例は代わり映えのしないものが続きますが、ご容赦を。

そもそも『Pentacon electric 2.8/135 M42』って?

f:id:sanaginagisa333:20170202134837j:plain

 言わずとも知れた東ドイツのカメラ会社、『ペンタコン』が開発、発売していたのが、『Pentacon electric 2.8/135 M42です。

 このレンズには、『auto』『electric』の2種類があり、違いは……あるんですかね、分からないです。機会があれば使い比べをしてみたいですけどね。(知っている方がいれば教えて下さい!)

 さらに、初期型第二型があるのですが、今回紹介しているのは第二世代の絞り羽根が『6枚』の方。初期型の絞り羽根は『15枚』。現代レンズと比べても、絞り羽根が15枚は多い方ではないでしょうか。

 第二型の最短撮影距離は1.7mだそうですが、使ってみた感じだと、1m弱くらいかなと思います。ちなみに初期型は1.5m初期型強い……!

 初期型は希少性が高くお値段も相応にするのですが、第二型は安価で市場に出回っている、お財布に優しいレンズです。

入手経緯

 今回もセカイモンでの購入になります。レンズの価格が5872円+送料3238円でした。

 とりあえず『ペンタコン』のレンズがほしいなと思っていたところ、偶然発見しての購入となります。まだ持っていなかった焦点距離だったため、半ばお試し感覚で買いました。

『Pentacon electric 2.8/135 M42』撮り比べ

 暇だったので、こういうのもやってみようかなという。同じ被写体を、ひたすら絞り値を変えて撮っていきました。やはり、ボケが大きいことがこのレンズの特徴なので、どの絞り値でどれだけボケるのか、を知ってもらえたらなと思います。

f:id:sanaginagisa333:20170202142816j:plain

 まずはF2.8です。ダンボーにピントは合わせています。背景に何があるのかがさっぱりわからないような絵に。

 主題が何かがすぐ分かるような写真になると思います。

f:id:sanaginagisa333:20170202142818j:plain

 ついでF5.6。これでもまだボケる。ボケの形が六角形ぽくなってますね。

f:id:sanaginagisa333:20170202142821j:plain

 一気に飛んでF16。若干背景がキリッとしてきたかなといった感じ。

f:id:sanaginagisa333:20170202142824j:plain

 最大絞り値のF22。F16よりは当たり前だけれども、かっちりと背景を写しているように。ダンボーにピントを合わせているので、ピンボケかなと。

 余計なものを写さず、主題だけを際立たさせたい時に使えるレンズですね。

『Pentacon electric 2.8/135 M42』の作例

f:id:sanaginagisa333:20170202140930j:plain

 道端に咲いていたバラを撮影。夕方で暗かったため、F値は2.8で。奥に畳店があったものの、見事にボケちゃってます。

f:id:sanaginagisa333:20170202140935j:plain

 これもまた、歩いている時に見つけたレモンの木を。この時は日中だったので、F値は絞り目に。確か5.6~8くらいだったはず。オールドレンズはデータにレンズ情報が残らないので、こういった時に困ります。

f:id:sanaginagisa333:20170202140943j:plain

 咲き始めていた梅を。少し色収差が起きている気が(枝の部分)。135mmでAPS-C機(Canon EOS Kiss X7)につけての撮影なので、135mm×1.5(1.6)=202.5mm(216mm)の焦点距離になるはずなので、望遠単焦点として使うことができます。

f:id:sanaginagisa333:20170202140937j:plain

f:id:sanaginagisa333:20170202140939j:plain

 こうやって、見ると自分の住んでいる所には花が多いなと。新しい発見が出来るのも、街歩きをしながら写真を撮る醍醐味かなと。

終わりに

 オールドレンズ関連の記事が連続していますが、まだまだ記事にしていないレンズが眠っているので、作例写真が撮れ次第、精力的に更新していきたいと思います。

 ではまた、次の記事でお会いしましょう。