読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラとさなぎ

カメラ初心者による、カメラ初心者のための、ブログです!撮影記録やら撮影法やら、あれやこれやをお伝え出来たらなと思います!

【初心者向け】オールドレンズデビューにオススメの1本!『Industar 61 L/Z-MC 2.8/50 M42』のお話。

オールドレンズ canon eos kiss x7 レンズ・機材 撮影記録 旅行 夜景 大阪 カメラ

f:id:sanaginagisa333:20161224210713j:plain

(Industarといえばの1枚)

 

前説  

 全国三千万人のオールドレンズファンの皆様、咲凪(さなぎ)です。(このネタ、通じろ)

 つい先程、クリスマスプレゼントと称して、レンズを2本も購入してしまいました。レンズ沼に頭までずっぷりと沈むことになるのは、そう遠い未来ではないような気がしています。

 さてはて、その購入したレンズというのが、カメラをやっている人なら一度は耳にしたことがある、『オールドレンズ』というものなのでございます。(2本とも)

 なので、前回は現代のレンズについて書いたし、新しい『オールドレンズ』買っちゃったし、いい機会だ!ということで、今回は『オールドレンズ』について書いていきたいと思います。

 そして今回は、数多くあるオールドレンズ、その中でも、今回はおそらく『オールドレンズ』の中でも1、2番目に有名であろう、『Industar 61 L/Z-MC 2.8/50 M42について語っていきたいと思います。

 

そもそも『オールドレンズ』って??(その1)

 さて、今回も簡潔にまとめると、

・昔のカメラ(銀塩カメラ)で使われていたレンズ

・MF(マニュアルフォーカス)でピントを合わせるレンズ

・独特の写りをすることもあるレンズ

 といったところでしょうか。一番有名なのは、M42マウントと呼ばれる種類のものでしょう。M42マウントのレンズは種類も多く、マウントアダプターさえ使えば、今のカメラでも使うことができます。

 古いものは何十年前の物もあり、今回紹介する『Industar 61 L/Z-MC 2.8/50 M42も自分のものだったら、1977年製、約40年前くらいのレンズとなります。(自分よりも年上である)

  現代のレンズのように、ボタン一つでピントを合わせてくれるわけでなく、自分できちんとピントを合わせる必要があります。絞り(F値)もレンズ側で操作する必要があり、少し手間がかかります。が、「そんなことはどうでもいい!」と思わせてくれる面白さ、それが『オールドレンズ』魅力です。それに、ピントを合わせる、絞り値を考える、そういった『間』によって、被写体へのアプローチ方法をじっくりと考えられます。

 さぁ、皆さんもレンズ沼へ…………。

 

本題:『Industar 61 L/Z-MC 2.8/50 M42』について

 自分がこのレンズに出会ったのは、今年(2016年)の9月のことでした。今までの写真にマンネリを感じ、何か打開策はないかとインターネットの海を彷徨っていた時です。

「オールドレンズは、いいぞ……」

 的なサイトを拝見、そこから入手方法やら、どのレンズが良いのか、一眼レフカメラで使うにはどうすれば良いのか、1から調べ、初めて購入したのがこのレンズです。

f:id:sanaginagisa333:20161225004212j:plain

 購入方法などは後々語るとして、およそ7000円ほどで購入しました。M42からEFマウントへの変換アダプターも購入し、カメラに装着!!

 

f:id:sanaginagisa333:20161225004504j:plain

 少し細長いフォルムをしています。レンズ自体が金属で出来ている(???)ため、ずっしりと重たいです。

 そしてなによりも、このレンズといえば、

f:id:sanaginagisa333:20161225005116j:plain

 で、でたーーーー!ダビデの星六芒星)』だァ!! 絞り値が『F5.6』~『F8.0』の時に現れる、絞り羽の独特なフォルム。それがこのレンズの最大の魅力となっており、面白いところでもあります。

f:id:sanaginagisa333:20161225005434j:plain

 思いっきりピントを外して、光源を撮ると綺麗な六芒星の出来上がりです。お星様、いっぱい、楽しい、やったー!!

で、終わらないのがこのレンズの魅力、オススメ理由なのです!

魅力②擬似マクロ撮影ができる!

 驚くことなかれ、このレンズ、最短撮影距離(どれだけ近づいて撮れるのかの距離)が短く、およそ30cm前後。足元のキノコだって、ほらこのとおり。

f:id:sanaginagisa333:20161225005957j:plain

 

魅力③しっとりとボケる

 光源が星形にボケることだけが注目されがちですが、普通に使っても魅力的な性能を発揮してくれます。個人的には、溶けるようにボケていると思うのですが、どうでしょうか?

f:id:sanaginagisa333:20161225010842j:plain

 

終わりに

 『Industar 61 L/Z-MC 2.8/50 M42語りましたが、いかがだったでしょうか。「オールドレンズ買ってみたいけど、なにがいいのかなぁ?」や「何か今までとは違う写真を撮りたい!」という人にオススメの1本です。

 さぁ、皆様もレンズ沼へ……(2回目)